読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

・中小企業のビジネスマッチング見学に行ってきた。
結論から言って、マジでヤバい。中小企業マジでヤバい。
ITとかテクノロジーとか全然そういう分野分からないけど、本当にやばい。もうね、ハリーポッターとかドラえもんとかそういう世界よ。
スマホをかざせば紙媒体がスマホの中で動いたり、血管がすけるスコープ?とか、今流行りのVRとか。
テクノロジーとかに関わらず、伝統工芸とかそういう分野も寸分の狂いもない精巧な技術で本当に凄いと思った。


そして何より、生き生きと説明している姿を見て、自分たちの技術やシステムに確かな誇りとプライドを持っているんだと感じた。
大企業より潤沢ではない資金や少ない人数の中で、知恵や腕を総動員して作られた「モノ」に確かな将来性と可能性がビンビン伝わってきた。
中小企業が日本を支えているっていうけれども、これはマジで本当だなと思わざるを得なかった。



就活で大企業を目指すのもありかもしれない。大企業に入れば高収入で安泰な生活が送れるのかもしれない。
ただ、就活において中小企業だからと言って中小企業を端から除外してしまうのは凄くもったいない気がした。
中小企業が独自に作り上げたシステムが人の命を救うかもしれないし、生活がもっと豊かになるかもしれない。
そういうところに魅力を感じられれば、中小企業に就職って全く悪くない選択肢だと思うし、むしろ選択肢から除外するのは本当に愚かしいことだと思いました。



以上です。




という感想文っぽい感じ。

いやマジでVR半端ねえ
東尋坊の上空映像を見たけど足ガクガクしたわ

・9月も終盤で涼しい日々が続き(日中は暑いけど)、いよいよ夏が終わってしまったなぁ・・・と感じるようになってきた。
40日以上ある夏休みは今年で最後だった。いよいよ最後の夏休みが終わってしまった。
大学生活で4回あった夏休みを振り返ると、意外と充実していたのかな?と思う。



1年生・・・海に行ったり、色々出かけたりして大学生らしさを満喫。高校時代に比べてお金もあったから色々楽しめた。

2年生・・・お化け屋敷の短期アルバイトをした。なかなかできない体験ができたり、遊園地のレギュラースタッフの方達とも仲良くなれて凄く楽しかった。多分お化け短期が4年間の夏休みの一番楽しい思い出に残ってるかもしれない。

3年生・・・ひたすら宅建の勉強してた。今考えると自分でもよくやってたと思うくらい勉強した、マジで。たまに勉強サボってパチンコとか打ちに行ってたけど、大体毎日朝から晩まで図書館こもってひたすら勉強してた。一番つらかったけど大学生活で一番勉強したかもしれない(哲学科なのに宅建を一番勉強した)。そしてせつこが月に帰った夏だった。

4年生・・・ひたすらにバイト生活だった。今から社畜根性身につけておこうかと思って週6で掛け持ちして朝から深夜まで頑張ったけど、マジで働くことが怖くなった。怖い。マジで。



そりゃあサークルも入っていないし、ウェイウェイしてるわけではないから人より派手な夏休みを送ってはいないけれども、それでも個人的には凄く楽しくて充実していたなぁと思う。
もうないんだよなぁ・・・こんな長い夏休み・・・。






・最近働くことが怖くなってきた。そりゃあ今やってる糞みたいにレジ打って品出ししてって仕事よりかは体は楽かもしれないけど、覚えることは山ほどあるだろうし、日々勉強だろうし、何より総職員数が少ないから人間関係を誤ったら即終わってしまうと同時に嫌な上司とかに当たったら逃げ場がない。
47都道府県にある同じ組織の中でも島〇県や鳥〇県みたいな糞ド田舎県とは違って桁違いに東京都は仕事量が多いだろうからこそ、そこについていけるかという不安もある。何より周りめっちゃ頭いいし・・・。
まぁそんなことはどこの職場に務めたとて同じことだから、耐えていくしかないんだろうね。みんな世の中のサラリーマンは耐えてるんだなぁ・・・。やっていけるのかなぁ・・・俺は。


知名度の問題はもうどうでもよくなった。一般的に知名度は無くても。メガバンク出身の人とかに「凄いじゃん!!」とか言ってもらえるのは素直に嬉しい。
でもやっぱりこっちから見たらメガバンクの憧れっていうのはずーーーーーーっと今でも計り知れないほどあるね。
底辺大学の日大では入れたとしてもどうせ3年以内に辞めるか、40前後、下手したら30前後で出向の運命だろうし、おまけに全国転勤で糞ド田舎に飛ばされる未来しか見えないから志望することもできなかったんだけどさ。
でももし自分が早慶以上の大学だったら絶対にメガバンクに入って国の経済を動かす、何十億何百億っていう莫大な金を扱いたかったね。銀行がつぶれたらこの国は終わりなんだ!!!とか言ってみたかった。だから早慶以上でメガバンクに就職した人を見るといいなぁ・・・ってすげえ思っちゃう。
そう考えると、もっと小さい時からちゃんと勉強すればよかったなぁという後悔が湧いてくる・・・。自分で自分の選択肢を一つ潰してしまった。

まぁでも今の現状には本当に満足しているから、とにかく卒論をちゃんと書いて無事に卒業するだけだ。



卒論…卒論…

・最近コンビニおでんにハマっている。飲み会の帰りとか今までカップ麺買って帰ってたけど、今はもっぱらおでんを買って帰る。
コンビニおでんは大学生になって初めて買ったと思う。高校時代には買わなかった。
バイトをしていない高校生にとって一個70~130円近いおでんを買うのはなかなか躊躇いがあったけど、お金をある程度自由に使えるくらいにバイトすると普通に躊躇なく買えちゃうね、あれは。

今まで見くびっていたけど、コンビニおでんは結構というかかなり美味しい。
出汁もそうだけど、味が凄い染みてる。特に味が染みにくいこんにゃくを食べたときに、ここまで染みるのか!と少し感動した。

好きなおでんネタトップ3は
1.白滝
2.こんにゃく
3.たまご


白滝は、こんにゃくと違って、白滝だからいいんだよなぁ。

・あんまりこういうことを言ったり書いたりするのは本当は良くないし気が引けるけど、最近ブログに書くこともないし書こうと思う。






今年は、いや、今年も対策の甲斐があってか自宅で一匹も見なかった。
家中に置いた罠は30個近く。
だがしかしまだまだ油断することはできないし、逆にこれから涼しくなる9、10月が勝負だと考えた方が良い。
逆に一番危ないのは8月などの真夏だと思いがちだが、案外秋口が非常に危険だったりする。
その名を口にしたり、話題に出したりすると出るというジンクスがあるから今後とも出来るだけ平常心且つ無関心で乗り切りたいと思う。



勝とう。人間として、ここに住むべき者として、居場所と誇りを守るんだ。
例え勝てる見込みが0パーセントでも、明日の朝日を信じて戦う。
それが機動ザムライ!

・夏風邪を引いた。熱が一気に39.6まで駆け上がり、頭痛と腹痛に苛まれて久しぶりに体も心もしんどかった。
バイトも一つは二日、一つは一日休ませてもらってしまい、本当に申し訳なかったと思う。(約一万五千円も痛い)
さすがに無理をしすぎたのか…無理は良くないと思ったが、まだ来週も地獄のシフトが待ってるから頑張らねばならない。
でも、社会に出たらこんな風邪ひいたくらいでは休めなくなるんだから、今のうちに練習しておこうと思う。地獄を。
頑張る、毎日。

・自分が一番好きな季節がある。10月上旬の夏の終わり~秋に入りかける時期だ。
この時期があるから暑い夏も頑張れるし寒い冬も乗り越えられると言ってもいいほど好き。
暑くもなく寒くもない丁度いい気温だったり虫が出ないとかそういう理由もあるけれども、一番の理由は物凄く寂しくなるところ。

朝起きたとき窓を開けるとほんのり冷えた風が入ってきて、あぁ残暑もなくなり完全に夏が終わったんだなぁと季節が変わるのを実感する。
空は不気味なくらい青く雲は一つもない。部屋には日が差し込みほのかな温かさを感じるのだが冷えた風のおかげで涼しさを感じる。
外に出ると風に乗ってどこか懐かしいような寂しいような匂いが鼻腔をくすぐる。でもその匂いがたまらなく好きで高揚感から空も飛べるような気がしてくる。
本当にあの空の青空、秋の匂い、気温、日差し、四季の中で全てにおいて秋が素晴らしい。




できることならば中3の10月に戻りたい。
もう一度あの外の景色を見たい。
何故か分からないけど、妙にあの時の天気、風、匂いが印象に残り続けてる。
メイプルを最後に楽しいと感じた時期だったからもしれないなぁ。
もう一度同じ生活が送れたら、もう一度みんなでチャットができたらどれだけ幸せだろうか…。
あの秋の匂いをもう一度感じたい。





George Winston / Longing/Love