読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

12/26から1/3までバイト9連勤、現在5連勤目です。

アリアちゃんが嫌いな言葉は無理、疲れた、面倒くさいの3つと言っていたので出来るだけ弱音を吐かずにかんばっています。

気がおかしくなっているわけではないけれど、体がとても疲れているので、そしてお笑い芸人が制服を盗んで捕まったので性癖について書こうと思います。

 

僕は度々射精管理についてブログで書くけど、決してぼくは射精管理が好きなわけでは無いです。本当に。

でも世の中には射精管理が好きという頭がおかしい人がいるらしいので、今日はその人の頭の中を考えてみたいと思います。

射精管理を耐え抜いたらご褒美があるとかっていうときに渦巻く欲望、でも耐えられない葛藤。

器具の中でギチギチに苦しくなってしまう苦痛、解放されたいけれども解放したらタマをつぶされるなどという拷問。

そういうあらゆる感情が渦巻く中できついのだけれども耐え抜いた先のご褒美に期待してしまう、まさにニンジンを目の前にぶら下げられた馬のように扱われる僕は奴隷。

そんな気分がもしかしたら射精管理が好きな人にはたまらないのではないでしょうか。

僕は本当に決して射精管理が好きなわけでは無いけれど、きっとそういう考え方もあるのだと思います。

射精管理が好きな人にとって(これは他の性癖の持ち主についても言えるが)、本番行為はあくまでおまけでしかないのでしょう、恐らく。

これはつまり射精管理自体が好きなのであって、射精管理後のご褒美とかは別になくていいのです。

あれあれ?さっき射精管理される奴隷はご褒美目当てで頑張るって書きましたよね?

でも違うんです、それはあくまでも目の前にぶら下がっているニンジンが目的であって、ニンジン自体が目的ではないのです。つまり、詳しく説明するといくら手を伸ばしても届かないニンジンを手に入れるために馬は走るのであって、簡単に手に入れられるニンジンには興味がありません。奴隷たちは本物のニンジンより蜃気楼のニンジンが大好きなのです。

だから本番行為はあってもなくてもどっちでもいいのでしょう。ただ今溜め込んでいるものを爆発させたい、いっそ殺してほしい、そう思うことが彼ら射精管理好きにとって一番重要なことなのです。

僕は本当に射精管理なんてどうでもいいし、馬鹿が好むものだと思っていますが、射精管理好きの人間は恐らく射精管理というコンテンツのマイナーさを嘆いているでしょう。

AVは勿論同人誌ですらあまりない(でも同人誌に関してあまりメジャーではない分、管理に書いている人は本物のそれっぽいのでクオリティは高いと思う。見たこと無いです。一度も見たことないです。)でも、それでいいと思うです、僕。

もし、これがメジャーになってしまったらどうでしょうか。メジャーになった分沢山の人が参入してきてクオリティはきっと落ちるでしょう。誰がそんなことを望むだろうか?誰も望まないのです、そんなこと。

だから、マイナーであればあるほど作品としてのクオリティは上がっていくと思うので、マイナーのままでいいと思います。

 

本当に射精管理が好きな人間って頭がおかしいと思います。普通に考えてありえないと思います。僕も絶対にありえないと考える立場です

でも、例えば空腹の時に食べるごはんってなんでもとってもおいしいですよね。とっても眠い時にふかふかのベッドで寝るととても気持ちいいですよね。それはなぜでしょうか。

我慢があるからですよ。我慢したから気持ちがイイ、我慢した分だけ見返りがあるんです。でもなぜか三大欲求のうち性欲だけあまり重視されないですよね。何故だか考えたことがありますか?知らないからですよ、多分。経験がないからだと思います。

僕も経験は勿論ありませんが、恐らくきっと性欲に関しても同じことが言えるのだと思います。だって三大欲求の一つですもの。

ただ一つだけ重要なポイントがあって、それは射精管理による性欲管理は限界を越えられるということです。

食欲を延々我慢したら死んでしまいますよね。睡眠欲を延々我慢しても死んでしまいます。

でも、性欲を我慢しても死にはしませんよね?そこなんです、ポイントは。

死なないからこそ限界までチャレンジできる。もう無理、無理じゃない。もう無理、まだいける。もう無理、あと一ヶ月。もう無理、もうダメ、もうあああああああ、まだダメ、もうむあんぁtんぁtぁlktkぁtヵbtヵblktばlkbtヵbtlべあjbt;ぁjb…ってなった先に極限の快楽があると考えてるんだと思います、射精管理好きの人たちは。

 

 

 

さて、長々と射精管理が好きな人間の思考を考えてきましたが、ありえないですね。本当に。

普通に考えてありえない精神状態なんだと思います、こういう人たちってきっと。

でも、我慢の先に快楽があるという考え方は当を得ているのかもしれません。

そういう問題じゃないですよね。考え方が逸してるだけです彼らは。

度々書きますけど、僕は心の底から射精管理が好きじゃないですよ。

あくまで彼らの思考を彼らになりきって考えてみただけです。

もう正直せめて大晦日くらいバイトいれなければよかったです。

ほぼ毎日8時間、9時間だったのでもうしんどいです。

つらいです、